ミノキシジルで生え際を!薄毛の方はミノキシジル効果が良いか副作用も理解が必要

ミノキシジルの効果について

髪の毛の悩みは男女共通ですが、この悩みを解決するために使用する薬については男女同じように利用することが推奨されていません。例えばミノキシジルと呼ばれる薬は発毛効果が期待できるとされている成分ですが、その副作用の特徴から男性と女性では異なる使われ方がされています。
ミノキシジルは薄毛に対応する薬としては外用薬としての利用が一般的です。塗り薬として塗布することにより発毛促進する効果が期待されます。そのため頭皮の髪の毛が薄くなった部分に塗布すると言う使い方が一般的です。しかしながら、この薬の副作用には全身の発毛促進してしまうという特徴もあるのです。使い方によっては通常であれば毛が生えない部位からの発毛が確認されるなど、女性にとっては非常にリスクの高い副作用が存在しているのです。
このような問題があるためミノキシジルを配合した発毛薬については男性用と女性用が分けて作られているのが一般的です。あえて男性用と書いていない場合が多いため、特に記載がなければ男性向けの商品であると言えます。しかし女性であれば女性向けと明記されている商品を選ぶことが大切です。髪の毛の悩みを解決しても、体毛が異常に濃くなるようでは新しい悩みが増えるだけなので注意が必要です。

気になるミノキシジルの副作用

年齢とともに「薄毛」に対して悩んでいる男性は多いでしょう。
悩みを解消するために育毛効果が高いといわれているミノキシジルを使用する方もいるでしょうが、実は副作用が懸念されています。
もともとミノキシジルは、アメリカで開発された薬で血管拡張作用がある血圧降下剤の飲み薬として使用されていました。
治療のために飲んでいた人の頭髪を含む体毛が濃くなったという報告を受けて、発毛効果の側面が注目されるようになり、さらなる研究ののち発毛剤として使用されるようになったのです。

 

一般的に副作用とは、薬品が体に作用することによって起こる症状です。
人により感じる症状は様々ですが、ミノキシジルの代表的な副作用としては、痒みやむくみ、倦怠感、頭痛、頭皮が荒れる、飲んだことによりさらに抜け毛が進んでしまうなどです。
副作用が起こる確率は10%未満と言われています。
最も発症しやすい副作用は「かゆみ」です。
全ての人に起こるとは限りませんが、自分にも起こるかもしれないと考えたうえで、ミノキシジルを使用するかどうかを決める必要があります。
また、もともと心臓に疾患がある方や高血圧の方、妊娠中や授乳中の方はミノキシジルを使用してはいけないので注意しましょう。